個人的な話題

好きよ 嫌いよ 9

好きよ 嫌いよ 9  長い付き合いの協力業者さんで、職人気質の一人親方がいる。僕と同じ昭和37年生まれで、いわゆるアラ還(暦)世代にあたる。  任せて安心の仕事人で、取引先からも外注するならこの人と、逆指名されることが少なくない。もちろんクレームなんて、過去1件も発生していない。  と言うと、取引相手として非の打ち所がない様で、逆を申せば融通が利かない。受けた仕事は必ず自分が出向き、仕上げまで見極めなければ気が済まない。身は一つだから、依頼されても請けられる範囲は自ずと狭まる。実際、新規の案件を打診しても断られることが多い。だからいつまで経っても、仕事の幅が広がらないまま今日を迎える。  仲間が数人いて、規模に応じて何人かに声をかける。彼が選んだ皆さんだから、誰もが水準以上の仕上がりだ。  以前なら一緒に飲んだ時など、ウチからの発注をある程度彼らに任せちゃどうかと勧めたもんだ。「いやぁ、それが性分で出来なくて…」返事はいつも決まっている。「子供が大学出るまで頑張れば、後はやめても良いと思ってるんで」その子たちも、今や立派な社会人になった。  そして相も変わらず、彼はわが社のために汗を掻いてくれている。一時は肩の痛みを訴え心配したが、仕事は休まずこなしてきた。  今さら彼に、会社を大きくしたらと勧めたりはしない。動けなくなれば即リタイア。そしてわが社は、彼の後任を探すしかないだろう。  事業の存続は商売人にとって、取引先に果たすべき大事な使命だ。職人一徹の彼はその命題を理解できぬまま、近い将来店じまいの時を迎えるだろう。とても残念なことだけど。 妥協せず お問い合わせはこちらから! Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

すべて表示

好きよ 嫌いよ 8

好きよ 嫌いよ 8  あんまり大きな声じゃ言えないが(ホントはちっちゃい声でも言わないほうが良いのだが)、お取引先にも話の合う方や、じゃないかもしれない方など、様々いらっしゃる。好き嫌いあったって仕方ないさ、人間だもの。  20数年来のお付き合いで、僕ごとき者でも事務所に顔を出せば、エラく歓迎頂き1時間や時には2時間でも、会話の弾む管理職の方がおられる。業界一筋、施設のことなら隅々までご存じで、商売にまつわる話に始まってすぐに脱線し、後はとめどなくあらぬ方向へと向かう。それがまた楽しい。  先方にとって、我が社は100を超える取引先の1つに過ぎない。ただし契約が始まって4半世紀、99の業者が変わっても、ウチに限ってはそのままの関係が続いている。  それを支えるのはもちろん、現場の方が日々積み上げてきた高い仕事の質と信頼だ。70名という、ちょっとした会社より大人数の所属する同施設を束ねる所長さんは女性である。こちらも始めから、不変の存在だ。  実は彼女の前職は、呑み屋のママ。だからイコールというわけじゃないけど、人のあしらいがずば抜けて上手い。僕などはこのさばきを、「一代限りの芸」と呼んでいる(誉め言葉ですからね)。  先の管理職の方に留まらず、今や奥様とまで良好なお友達関係を築いている。別に意図的なものじゃない。一つの話の流れから、自然に形成されていったのだ。結果的に職場にも良い循環をもたらしているのだから、大したもんである。  彼女もそうだが、女一匹、生きていく人たちは僕の知る限り例外なくたくましい。そして人から好かれる”努力”を、怠らない人たちでもある。 それじゃ朝まで付き合うか 悪い女と知り合った お問い合わせはこちらから! Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

すべて表示

好きよ 嫌いよ 7

好きよ 嫌いよ 7  入社したのは平成6年3月。時間を置かず新規公共施設の管理を当社が落札し、4月1日には契約開始となった。業務内容は日常清掃と設備保守で、1名ずつが採用される。  素人同然の僕であっても、他に担当者がいないからこの施設の立ち上げを担うことになる。設備要員は経験豊富で、ちょっと頑固なところのあるオジサン。清掃は、ちょうど60歳になったばかりの業界未経験の女性だった。  このオバサン、顔のつくりがよくできていて、口角がキュッと上がっている。ご本人にそんな気はないとあとから聞いたが、いつもニコニコ、愛想よく見えてしまう。性格は至ってのんびりで、四角い角を丸く掃いてはいつも埃を残すという仕上がり。設備のオジサンはいらいらしてるし、それじゃ困ると立場上ご指導申し上げるわけだが、脇で箒持ったまま微笑み佇んででいられると、脱力というか怒る気も失せてしまう。  結局この方、病気を理由にお辞めになる5年ほどの間、一度のクレームもなかった。それどころか毎年変わる窓口の職員は、口をそろえて「よくやってくれてるよ~」と好意的な評価ばかり。この仕事で?んなバカな。  若い女性職員(地方公務員ね)に至っては、清掃中のこの方をつかまえては恋の悩みに、小1時間ほども花を咲かせたものだ。聞き手のオバサンはいつだって、モップ片手にニコニコ立ったまま。仕事してよ。でもひょっとして、これも大事な仕事のうちだったりして。  この業界に入ってまず学んだのは、時に人は仕事の質より、好き嫌いで評価してしまうという厳然たる事実だった。 笑顔は人のためならず お問い合わせはこちらから! Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

すべて表示

好きよ 嫌いよ 6

好きよ 嫌いよ 6  ウチは社員よりも短時間パートさん主体の会社だから、大方の人は(長くて)数年で入れ替わる。辞める人は1日で来なくなるし、っていうか初日から来ない人も珍しくないわけだが、一方、10年20年と勤務される方も少数ながら存在する。  例えば、常駐現場で日常清掃しているSちゃんが入社したのは、30歳そこそこ。チョット見は地味だけど、あどけない表情がかわいらしくて、いずれ結婚して職場を離れるんだろうくらいに思っていた。気づけば今は、40代後半になるのか。  その間、取引先から一切のクレームなく、黙々と勤めてくれているのはありがたい限りだ。でも、なんかどこかで複雑な気分にもなる。同じ職場の同僚はみな主婦の方々で、家計の足しにと仕事をされている。彼女だけが社会保険料を納め、ひとり老後に備えているのだ。もっとキミには、幸せになって欲しいんだけどな。  今どき、こんなこと書くと女性蔑視とのそしり受けそうだが、それに彼女にしかわからない事情も知らずに余計なおせっかいを焼く義務も権利もないわけだが、やっぱ、気になっちゃうんだよなぁ。  ご本人はそれで分相応と割り切っているのだろうし、文句の一つ言わず日々の業務をこなしてくれる彼女のような存在こそ、会社にとっては財産である。これからも末長くお願いしますね。 そうだとしてもSちゃん、人生のパートナーに、どこかで出会ってほしいな。 それが貴女の生きる道 お問い合わせはこちらから! Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

すべて表示

好きよ 嫌いよ 5

好きよ 嫌いよ 5  我々の業界には、過去何かにつまずき、その後は転落人生真っ逆さまの訳アリさんとか、人間関係をうまく構築できず仕事を渡り歩く人とかが少なくない。  僕は仕事と関係ない個人レベルの話を、初対面から無遠慮に聞いてしまう。すると相手も躊躇しないで、赤裸々な半生を語ってくれたりもする。本当は自分のことを理解してほしい、たまった思いを吐き出したい、でも今まで話せる対象がいなかっただけ、そんな思いの伝わることもしばしばだ。  いわゆる「オバサン」感覚満載の、僕はオジサンなのだ。相手にそれだけ興味を持ち、言わんでいい僕自身のプライバシーまで披露すれば、互いに近づき、好きになれる要素も膨らむはずだ。  対象(例えば求人に応募され面談している人)に興味を持つというのは、とても大事な姿勢と考える。コイツ使えるか使えないかの尺度だけじゃなく、なんでアナタここにいるの?の原因を考察し、ソレ繰り返してると未来も一緒ですよね、などとおせっかいなやり取りに、頷いていただけるとちょっと嬉しい。  アナタにとっての過去は連続性の積み重ねであっても、僕たちとのこれからは、常に新しい始まりになるわけですから。  わ、なんか高尚っぽいけどあんまり意味ないこと書いてて、脇道それちまった。地味な人財の話は、また次回に。  じゃないかもしれない。 いま何してるの いま何処にいるの お問い合わせはこちらから! Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

すべて表示

好きよ 嫌いよ 4

好きよ 嫌いよ 4  個人的には人事考課を、人の好き嫌いを基準においてやってきた。今はやっていませんよ、単に担当していないからだけど。  おべっか使ったりヘンに媚びたりしてくる輩を、「お前、うい奴じゃのう」などと可愛がっていたわけじゃない。自分でも多分にひねくれている自覚あり、そういう態度は卑屈で気持ち悪いとしか映らず、却って関係性を遠くする要因になった。  だから好き嫌いの基準は自分じゃなく、その人が勤める職場によって判断してきた。特に周りから好かれる人・疎まれる人、いずれかであれば色がはっきりしていて評価も容易い。好かれる人はそれだけで高評価、敵の多い人はいかに処理能力が高くとも、点数は辛くなった。  別に、依怙贔屓とは思わない。周囲を味方につける能力は、意図があろうと無自覚であろうと、職場の生産性を高める。その人のためなら協力を惜しまない雰囲気が、現場に醸成されるからだ。デキるけれど鼻つまみ者に対しては、協力よりも失敗や異動を願う意識が職場を支配するようになる。さらにツワモノになると、仕事もできず協調もせず、自意識ばかりやたらと高い救いようのない御仁もいらした。明日急にいなくなったとして、誰からも残念に思われない存在。評価以前の人物だ。  こういう濃淡のはっきりした人たちはいい。問題は地味で目立たない、でも実際はその人がいないと組織にとって大きな損失になる、真の人財だ。 目立たぬように はしゃがぬように お問い合わせはこちらから!Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

すべて表示

好きよ 嫌いよ 3

好きよ 嫌いよ 3  人間界はすべて、好き嫌いを基準に成り立っている。  世界一の大国、そこにおわす現大統領の言動を見ればよく分かる。この御仁、どんな場面も自分に正直に生きていらっしゃるからだ。  お気に入りの同盟国トップにはとことん意見を求めるし、自己所有のゴルフ場にまで招待する。それが一旦コイツ信用ならねぇと判断すれば、(膨大な調整のすえ実現した)首脳会談を2分で打ち切ってしまう仕打ちも平気の平左だ。明らかな敵国・制裁をかけている国のリーダーに対して「彼は信頼できる」「素晴らしい友好関係を始めることができてうれしい」など、肚にもないことを平然と公言する。鈍い大手メディアなど、彼のおちゃらけをそのまま信じ、報道していた時期さえある。  何が言いたいか。世界を動かすほどの人物であっても、僕たちと何ら変わるところはないってことだ。好きな奴・利益になると踏んだ人物とは仲良くするが、嫌いな奴とは目も合わせないか、心にもないお追従に終始するかだ。国益一番だから、露骨に「お前嫌い!」とは言わないにしても(いや、今の大統領閣下は聞こえよがしにアイツ嫌いとか言っちゃっているが)、こうした使い分けは逆説的に、とても正直だ。  あまりに極端なキャラクターかもしれないが、誰でも多少の応用は利くはず。自分の心にあくまで正直に、しかし結果として意表を突く態度こそ肝心。例えば時に意を決し、うざい上司に白々しいヨイショの一言かけてみ? 意外な反応が返ってくるかもよ。 トランプ政治はWWEプロレス! お問い合わせはこちらから! Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

すべて表示

好きよ 嫌いよ 2

好きよ 嫌いよ 2  職場の人間関係で、こうすればうまくいくなんて万人共通のテクニックなど無い。イイこといっぱい書いてあるハウツウ本はあっても、自分のケースにいまいち当てはまらない設定がほとんどのはずだ。そうなるのが当たり前で、あなたもパワハラ上司も、世界に一つだけの花なのだから。誰もがオンリーワンの存在。みんな、ケシの花でも咲かせることに一生懸命になればいい。きっと気持ちいい人生が送れるぞ。違うか。  ためにならないとまで言うつもりはないが、ネットも書物も一つの参考、過去の情報に過ぎない。事件は常に現場で起きていて、解決するにも現場をおいて他にはないのだ。  乏しい僕の経験からひとつだけお勧めできるのは、不快な現実から極力目を逸らさないでいること。状況を変えようなんて考える前に、この嫌で嫌でたまらない現在(いま)を真正面から見据えることだ。無理?そうだよね。でも、敢えて無理してみてください。  例えば、生理的に無理なセクハラ幹部の行動を、何かといちゃもんつけてくるパワハラ上司の生態を、可能な限り冷めた目でウォッチするのです。さすればある日突然、コイツらごとき存在にも一定の行動原理・対処法があることに気づくはずだ。それはあまりに低次元で、そのため却って盲点となり、気づきにくい要素なのかもしれないぞ。 どうすりゃいいのさ、このアタシ お問い合わせはこちらから! Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

すべて表示

好きよ 嫌いよ 1

好きよ 嫌いよ 1  仕事上の人間関係は、詰まるところ好き嫌いが全てと思っている。身もふたもないようで、本音でいけば誰もがそういう傾向をお持ちのはず。  そんな時、ことさら平等に接しようなどと無理はせず、己が感情にまずは正直に従ったほうが良い。「みんなと仲良くしましょう」は幼い頃からの刷り込みによる、日本的な同調圧力だ。いい大人の僕たちは、安易に屈してはならない。人間は感情の動物であり、好き嫌いはあって当然なのだ。    その反面教師といえるのが、遊説中の政治家だろう。見境なく笑顔と美辞麗句を振りまく彼らに、心からの信頼を寄せる第三者などいない。当選すれば後はふんぞり返り、ろくな仕事もしない輩がほとんどじゃないか。  ことほど左様に、上っ面だけ良好な関係性のみを求めれば、精神衛生上の害悪となる。いじけるか、それとも人品卑しくなるか。いずれにしろ結果は、ろくなもんじゃねぇ。  かといって、同じ職場に身を置きながら、嫌な奴にむきだしの敵意で日々対峙しては、消耗するばかりだ。まして嫌いな野郎が上司だったりするならむべなるかな。  コイツ消えてくれないかとの切なる願いも現実は逆で、自分の方が追い詰められていく場合がほとんどとなる。 嫌よ嫌よ好きのうち? お問い合わせはこちらから! Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

すべて表示

薔薇の名前

薔薇の名前  人の名前が覚えられない。そもそも、覚える努力をしない。加えて顔もろくすっぽ見ないで名刺交換などするから、後から困ったことになる。  先日も地元駅前を歩いていて、「やぁどうも、その節は」なんていきなり声を掛けられた。まるで見覚えない人物だ。「その節」が付いていなければ愛想笑いの一つ、「どうもどうも」で逃げおおせたろう。しかし「その節」ということは、単なる挨拶以上の何らかの出来事に関与したわけだから、下手な相槌は打てなくなる。  バツ悪く「どちら様でしたっけ」と問えば、「いや、お忘れですか。Oですよ、O」いや、名前じゃなくて、アンタの存在自体覚えてないから困っているんじゃないか。「社長はお元気ですか?」げっ、キミは社長の知り合いか。こいつはますます、下手を打てねぇぜ。  「おかげさまで、すっかり片付きました」おいおい、待てよ。知らねぇって(心の声が)叫んでんのに、これ以上深入りしてくんじゃねーよ。などとはおくびにも出さず、「それは結構でした」と時計に目をやり、その場を忙しげに離れたのであった。  その後、あの人誰だったかと思い返してはみるのだが、何度試みても記憶にたどり着かない。もしかしてやつもといあの人物の方が、僕を誰かと勘違いした可能性はないか。僕によく似た、アゼルバイジャン人だったかとか。あるいはこちらを貶めるための、北工作員の策謀であったとか。  そうして墓場まで持っていく疑念が、またここに一つ、生まれたのである。 袖振り合うも多生の縁 お問い合わせはこちらから! Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

すべて表示