有給休暇 1

有給休暇 1 

 四半世紀以上前の話だから、もう時効だろう。入社して間もなく、常駐先に勤務する年配女性から「私たち、有休ってあるんでしょうか?」と訊かれた。

 前にも書いたが、世間の常識からだいぶ外れたところで生きてきた僕は、有休休暇の何たるかを知らない。そこで総務のリーダーらしき女性に伝えると、「パートさんに有休なんてあるわけないでしょ」と言われた。それをそのままご本人に返せば「そうですよね」と、こちらもあっさり納得したのだった。

 今なら、大変な事態まで発展しそうな案件だ。ところが当時、ネットが普及するはるか昔だ。労働法全書を見るか、労働基準監督署に問い合わせるなどしなければならないとしたら、権利意識も今より薄い労働者の誰が、そこまで手間をかけようか。

 そうはいっても、同じ労働者でありながら社員だと付与されて、パートだとないというのはおかしな理屈だ。そこで、個人的に調べてみた。
 すると労働基準法第39条において、『使用者は労働者を雇い入れた日から数えて6か月の間、「継続して勤務」し「全労働日の8割以上出勤した」者に対して継続してまたは分割して10日の有給休暇を与えなければならない』と定めてられている(しかし読みにくい文章だ)。
 “労働者”と定める以上、パートもアルバイトも含まれると解釈するのが自然と思われる。すると総務の見解は、どうなるんだろう。



仕事するなら自由と権利の双方が必要
お問い合わせはこちらから!

?Gg[???ubN}[N??